腰椎椎間板ヘルニアの治療は理学療法士であれば必ずどこかで出会うであろうメジャーな疾患名です。  

もともと腰痛は“国民病”とも呼ばれ、腰痛持ちの方は推定で3000万人弱いると言われていますが、その一方で腰痛の8割は原因がわからないとされています。  

巷では腰痛専門の治療院や腰痛に対する手技などが腰痛のみに焦点を当ててアピールする方たちが多いことに気付いたりします。

  確かに私も整形外科に勤めているので腰痛で悩む患者さんは他の疾患に比べて多いことは感じていました。

またそれと同時に診断名と症状との相違にも悩んできました。  

今回は“ヘルニア”に焦点をあてて、もう一度原点に立ち返り、考えてもらいたく投稿します。

SPONSORD LINK

腰椎椎間板ヘルニアとは

そもそもヘルニアとは

ヘルニア(hernia)とは、体内の臓器などが、本来あるべき部位から「脱出・突出」した状態を指す。                    Wikipedia参照

  椎間板ヘルニアとは

ヘルニアの一種であり、椎間板の一部が正常の椎間腔を超えて突出した状態である。                            Wikipedia参照

  と記されています。   その症状は簡単にまとめると…

  • 腰痛
  • 下肢への疼痛
  • 痺れ
  • 感覚障害
  • 運動麻痺
  • 排尿障害

などヘルニアが生じる高さ・部位にもよりますがおおよそどこで調べてもこのような症状が出てくると思います。  

確かに椎間板から脱出した髄核が脊髄を圧迫すると上記のような症状が考えられます。  

しかし同じ高さのヘルニアでも症状が教科書的でなかったり、個人差があったりしませんか?  

例えばL4/5間の圧迫ではL5の症状がでると言われています。 L5の症状と言えば…

  • 知覚障害…下腿外側から母趾背側にかけて
  • 筋力低下…前脛骨筋、長母趾伸筋
  • 深部腱反射低下・消失…アキレス腱反射

  ここで疑問を持たないといけないですよね。  

L4/5間の椎間板ヘルニアがあって上記のL5の神経根症状が完全に出現している方っていますか?

私は7年ほど整形外科に勤めていますがピッタリとあっていた方は…

1人しかいませんでした!!

この方は腰椎椎間板ヘルニアの手術をして結果としてとても良くなりました。

原因となるものを取り除いたのですから当たり前と言えば当たり前なのかもしれません。  

でも私たちが臨床でよくみるのは神経根症状が一致しない方ばかりです!  

それを今回は脊髄の特徴的な構造をもう一度見直すことで考えていきたいと思います。    

 

ベルマジャンディの法則

学生時代の運動学で習う内容ですが、重要性がないため覚えていない方も多いのではないかと思います。

ベルマジャンディの法則はイギリス人医師のベルとフランス人生理学者のマジャンディによってそれぞれ提唱され、のちに一つの似た法則のためベルマジャンディの法則とまとめられました。

その内容は簡単に説明すると脊髄神経の前根は運動性、後根は感覚性であるということ。

これが何を意味しているのかというと、臨床に来られる患者さん思い浮かべた時に基本的には痛み、痺れや感覚低下などを主症状に来院されるのではないかと思います。

確かに髄核が椎間板を突き破って脊髄を押し付けた時に炎症が起こり、それが腰部から下肢へ放散されているかもしれません。

しかしここでベルマジャンディの法則に話を戻します。

脊髄を水平面から観察すると脊髄の腹側に椎体(椎間板や髄核を含む)が存在します。

もちろん腰椎椎間板ヘルニアの時には腹側から髄核が脱出してくるため脊髄の前側が圧迫されます。

となるとベルマジャンディの法則で考えると前根の運動神経が先に圧迫されます。

でもなかなかいないですよね、痛み、痺れそして感覚障害より運動障害が先に出ている方って。

もちろん“絶対”ということはありませんが、多くは神経根レベルに合った運動障害、筋力低下がみられず、痛み、痺れや感覚障害を主症状としている場合が多いと思っています。    

 

脊髄膨大部

頚膨大と腰膨大、これも学生時代に習う脊髄の特徴的な構造です。

脊髄には2つの膨大部があり、圧迫を受けやすいと習った記憶があります。

しかしこれも勘違いしてる方が多いかと思うので書かせていただきます。

そもそも脊髄はL1およびL2の高さまでで終わり、その後は馬尾神経として神経線維を各々の椎間孔から出しています。

頚膨大に関してはおおよそ椎体の高さと脊髄からでる神経線維の高さがマッチするためC5~6の膨大部には頸椎椎間板ヘルニアが多いとされています。

しかし腰膨大に関してはTh12で直径が最大に大きい構造になっています。

そのため腰膨大と腰椎椎間板ヘルニアの関係性は頸髄ほど大きくありません。

下位腰椎で脱出した髄核が押しているのは馬尾神経の集まりになるからです。

つまりは腰膨大は胸椎部にあり、下位腰椎と腰膨大との関係性は薄いということです。 

 

いかがだったでしょうか。

少しはヘルニアに対する見方が変わったのではないでしょうか。

つまりヘルニアは自分たちセラピストの考え方によっては手術を回避し、良い方向へ向かわせることができる可能性を秘めているわけです。

ヘルニアだから痛み、痺れはしょうがないと思わず、少しでも可能性がある限り一緒に考えて患者さんの力になれるように頑張りましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。