後脛骨筋と言えば…

ふくらはぎから始まる筋肉で…

確か停止部がたくさんあったような…

こんな感じのイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?

今回はそんな後脛骨筋の基礎的な解剖学の復習からストレッチ方法、そして臨床で役立つ3つの特徴を解説していきたいと思います。

SPONSORD LINK

後脛骨筋の解剖

koukeikotu1111

画像引用(一部改変):Anatomography

後脛骨筋(tibialis posterior)
起始 脛骨後面、腓骨内側面、下腿骨間膜後面
停止 舟状骨、内側・中間・外側楔状骨
立方骨、第2~4中足骨底側面
作用 足関節底屈・内反、内側縦アーチ保持
神経支配 脛骨神経(L4~S1)
トリガーポイント ヒラメ筋深部にて下腿骨間膜近位1/4付近
関連痛 下腿中央後面からアキレス腱を経て足底、全趾まで広がる

 

後脛骨筋のストレッチ

IMG_4280

床に座り、股関節と膝関節を曲げた状態で後脛骨筋の停止部である足底付近を持ちます。

後脛骨筋はアーチを上げ、内反方向への作用があるため外反方向へと誘導します。

IMG_4283

その際、足関節を背屈しながら外反方向へ誘導し、ストレッチします。

足底から下腿後面が伸張感を感じる場所で30秒ほど静止します。

その後ゆっくりとストレッチを解き、元の位置へ戻してください。

 

ストレッチの時間に関しては下記のリンク先に詳しく書いているのでご参照ください。

ストレッチの効果を最大化するポイントは強さや時間じゃなく○○だった!

 

後脛骨筋の特徴

特徴1 シンスプリントの関係

koukeikotusinnsupu1

画像引用(一部改変):Anatomography

後脛骨筋 = シンスプリント

と思い出す人もいらっしゃるのではないでしょうか。

それくらい後脛骨筋とシンスプリントは深い関係性にあります。

シンスプリントとは…

別名を脛骨過労性骨膜炎と言われており、主に下腿内側脛骨下1/3部分にかかるストレスが過剰にかかり続けた結果、その部分の骨膜が炎症を起こして、痛みが発生することを言います。

DSC06288

基本的にこのシンスプリントはスポーツ障害に分類され、オーバーワーク(運動のし過ぎ)が一番の原因だと言われていますが、後脛骨筋も関係してきます。

シンスプリントの原因ってなに?知って得する4つの原因!

ここでも後脛骨筋がシンスプリントを引き起こす原因の一つであると述べています。

ちなみに後脛骨筋はシンスプリントの原因の中でも骨膜にかかる牽引ストレスによってシンスプリントを引き起こしています。

koukeikotusinnsuru11

画像引用(一部改変):Anatomography

しかし最近ではシンスプリントの痛みを訴える場所には後脛骨筋は付着してないとして関連性はないとの報告もされているようです。

しかしシンスプリントは必ずしも下腿内側だけの痛みではないんです。

下腿の後面に痛みがある場合でもシンスプリントと呼ばれる場合があります。

その場合は後脛骨筋による骨膜の牽引ストレスは十分、シンスプリントを起こす可能性があります。

シンスプリントに関しては他にも記載しているので是非ご覧ください。

シンスプリントかな?と思った時に3分でできる5つのチェックポイント!

シンスプリントを自分で治す!7分でできる5つのシンプル治療法!

特徴2 内側縦アーチの保持

足の土踏まずがない人のことを偏平足と言ったりしますが、必ずしもそれ自体が悪いわけではありません。

しかし足にアーチ構造があるのには、ちゃんとした理由があります。

それは…衝撃吸収機能推進力機能などです。

内側アーチ

画像引用(一部改変):Anatomography

このアーチ構造、後脛骨筋でいえば内側縦アーチの保持が関係してきます。

足のアーチ構造に関してもいくつかの原因で低下してしまうことがあります。

その一つとして…

後脛骨筋機能不全があります。

きのうこうけいこつ

画像引用(一部改変):Anatomography

先天的要因や外傷後の変性治癒などでは改善が難しいと思われるものでも、後天的な後脛骨筋機能不全なら改善することが可能かもしれません。

足のアーチ構造が生み出す機能を最大限発揮するためにも後脛骨筋との関係性を理解し、後脛骨筋機能不全を未然に防ぐことが大切です。

後脛骨筋による足のアーチ構造に関してはこちらの記事をご参照ください。

後脛骨筋の機能低下によって足底アーチは低下するのか?

特徴3 コンパートメント症候群との関係

コンパートメント症候群とは…

外傷などの原因により組織が存在する区域内の圧力が上昇することで筋機能不全循環障害などを起こすことを言います。

ここでなぜ後脛骨筋が出てくるのか、これは先ほどの後脛骨筋機能不全とも関係があります。

後脛骨筋は下腿を水平面から見た時に周りを脛骨・腓骨の骨と筋肉群によって囲まれるため周りからの圧迫を受けやすい構造になっています。

とうめいこうけつ

画像引用(一部改変):Anatomography

後脛骨筋だけに色を付け、周りの筋肉に透明度をつけると上の図のようになるが…

kakomikoukeiko1

画像引用(一部改変):Anatomography

他の筋肉の透明度をなくすとちょろっとしか見えません。

そのためふくらはぎでの後脛骨筋にかかる圧力が高くなり、後脛骨筋が効かない、後脛骨筋機能不全に至ります。

すると先ほどの内側縦アーチ低下にも繋がります。

この構造を知ることで後脛骨筋がコンパートメント症候群と関係があることがよくわかります。

 

まとめ

特徴1 シンスプリントは後脛骨筋との関係が深い
特徴2 内側縦アーチを保持する重要な役割をもつ
特徴3 下腿の深部にあるためコンパートメントを起こしやすい

 

いかがだったでしょうか。

少しは後脛骨筋の見方が広がったでしょうか?

後脛骨筋は結構、幅広い年齢層の方の治療に役立つと思います。

それはシンスプリントなどのスポーツ障害から変形性膝関節症に伴う内側縦アーチの低下など原因やアプローチ方法は違っても重要な筋肉の一つになってくると思います。

是非臨床でも後脛骨筋を意識してみてみるとまた違った視点からアプローチできるかもしれないので参考にしてみてください。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。